DSC_7301_edited.jpg

​お茶の山城屋の歩み 

山城屋写真_edited.png
IMG_2997.JPG

昭和30年代、まだダンボール箱が普及する以前、三井三池鉱山へ納品の際に使われていた篭です。

山城屋茶舗  福岡県大牟田市

昭和3年八女郡黒木町出身の​創業者が

炭鉱景気に沸く大牟田にて店舗を開く

一旗揚げようと、八女の特産の

お茶を買い付け売りさばき

街の勢いも相成り順調に商いを

広めましたが、戦争の時代となると、

激しく変わる戦況の中、

移転、疎開又、戦後の処理での

 

『金融制限策』

​(戦後、紙幣が紙くずになった事)

で現金等財産は、無くしたそうです

 

それでも炭鉱の町は、

活況を取り戻し

再び立ち上がっていきましたが

昭和と共に炭鉱の灯が消え、

細々とした「過去の町』の

心象は、否めません

 

そうした中でも、長年地元の方に

支えられ、令和の今日まで

茶業を、なりわいとしてまいりました

皆様に感謝し、今後も末永く

ご愛顧いただくために

日々努めてまいります

屋号     山城屋茶舗

代表者    寺尾浩明

事業内容   日本茶、茶道具、茶器の小売業

所在地    〒836-0807
       福岡県大牟田市旭町3-1-11

事業開始日  1928年3月1日